エンジンオイルの基礎知識

エンジンオイルを正しく知ってエンジン長持ち

2019年10月1日(火)~2020年6月30日(火)の間にお買い物いただき クレジットカードにて決済いただくとキャッシュレス・消費者還元事業の対象となり5%分の還元がうけられます 

オイルの劣化と交換

エンジンオイルの劣化

エンジンオイルは 走行時に絶えず高温に曝されブローバイガス・水分すす・酸性ガスなどにより汚染されていきます  特に走行距離を重ね オイル管理が悪いエンジンは大量のブローバイガスが発生し エンジンオイルの寿命を短くしてしまいます 

この様な成分がオイル中に蓄積され凝集していく事により エンジンオイルは劣化し本来の性能を失っていきます  劣化したエンジンオイルを使用し続けるとエンジンにも大きな負荷を与えトラブルの原因にもなります 

そのトラブルとは 

マフラーから白い煙を出す エンジンから”カタカタ” ”ゴロゴロ” ”カシャカシャ” など気になる音として出てくるようになります すべてはエンジンオイルの管理不足によるものです 

エンジンオイルの交換

前項にて記載した様にエンジンオイルは 様々な要因により汚染・劣化していきます  痛んだオイルを使用し続けるとエンジンのトラブルやトラブルに至らないまでも寿命の低減につながりますので一定の期間や基準でのオイル交換が必要となってきますからしっかりと管理しましょう